子供の姿勢…放っておいと大丈夫でしょうか?

こんにちは。
姫路市神屋町にある、やくし整骨院です。

当院に治療に来られる患者さんから、子供の姿勢が悪くて気になるととういうご相談を受けます。

検査をしてみると、確かに姿勢が悪く、骨盤だけでなく、股関節、腰や背中、首に至るまであらゆる箇所で歪みが発生しているのです。

話を聞くと家でスマホをずっと見ているそうです。

近年このような姿勢が悪くなっている子供が増えており、姿勢の悪化が原因で肩こりや腰痛などの症状に悩まされる子供が増えています。

肩こりや腰痛以外にも「運動パフォーマンスの低下」や「内臓機能・呼吸器機能の低下」などを引き起こす可能性もあり、血流が悪化するため、集中力の欠如、睡眠不足、自律神経の不調など精神面にも悪影響が出ることもあります。

姿勢を改善しないまま放っておくと「成長障害」を起こし、将来「膝や股関節、背骨の変形」につながり、痛みやシビレに常に悩まされ、最悪のケースでは手術という選択肢しかない状態になるかもしれません。

しかし、手術をしても完治するわけではなく、今の症状を緩和するだけで、かえってQOL(生活の質)が下がったという話も少なくありません。

根本的な原因は「骨格の歪み」で、この骨格の歪みを改善しない限り、痛みや痺れといった症状は再発します。

肩こりや腰痛の若年化に伴い、「ヘルニア」「四十肩・五十肩」「骨の変形」などの大病も最近では30代で発症するケースが増えています。

いずれも原因となっている「姿勢」を治さないと症状は改善しません。

一口に姿勢が悪いといっても姿勢の悪さには様々なタイプがあります。

大きく分けると8つのタイプに分けることができますが、そのタイプの判別は難しく、専用のカメラで撮影したり、機械を使用して測定しなければ正確な状態は把握できません。

それぞれのタイプに合わせた姿勢改善法を行わずに、動画などを見ながら我流で自力整体や骨盤体操などを行うと、返って姿勢を悪化させる原因になります。

自力整体や骨盤体操などは、あくまで予防のために行うもので、骨格の歪みを改善するものではありません。

姿勢の悪さというものは、気づかぬうちに身体全体を徐々に蝕んでいきます。

そして、治療の特効薬もありません。

姿勢を改善するという「意思」がなければ悪くなる一方なのです。

子供の姿勢が少しでも気になる方、肩こりや腰痛でお困りの方。

取り返しがつかない事になる前にしっかりと治療をしましょう。

*******************

〒670-0836
姫路市神屋町2丁目40番地
やくし整骨院
TEL:079-278-0837

HP:https://yakushi-seikotsuin.com/

LINE:https://lin.ee/ekn0MAp

インスタ:https://www.instagram.com/yakushi0837/?hl=ja

Twitter:https://twitter.com/yakushi0837

Facebook:https://www.facebook.com/yakushi0837

*******************

#姫路 #姫路市 #姫路整骨院 #姫路整体院 #姿勢 #姿勢改善 #子供の姿勢の悪さ #成長障害 #ヘルニア #四十肩・五十肩 #骨の変形 #肩こり #腰痛 #姿勢改善 #自力整体 #骨盤体操

前の記事

猫背がもたらす問題